エバーライフ 広告をテレビからネットへ転換

  • 2012/08/19(日) 08:48:57

最近、新発売の「皇潤プレミアム」のバナー広告「やりすぎ!」と感じた方多いのでは??

今やネットでどのページを開いても、皇潤プレミアムのバナーが出てくるような状態になっています。

エバーライフは、テレビ広告を打ちすぎたために経常赤字になって、取締役会の全員が退任したという噂を聞いたことがあります。

そういえば、最近は、皇潤のテレビCMの頻度はかなり落ちたように思えます。テレビは、30秒広告を流すだけで、数百万、数千万というお金がかかりますから、見合った売上げが上がらないとすぐに赤字転落しますよね。

その点、ネット広告は、多くの場合、クリックされない限り広告費がかかりません。グーグルやヤフーのPPC広告(pay per click広告)というのがそれで、最近は、テキスト広告だけでなくバナー広告も出せるため、クリックされなければ、無料で視覚に訴えることができ、知名度を上げることが可能です。

クリックされなければ広告費が無料、でもバナーが表示されて、読者の潜在意識には残るので、繰り返すことで暗示効果が出るというわけです。

あちこちでウザイほど見かけるバナー広告ですが、これからも増える一方でしょう。グーグルやヤフーは、クリックされなくても表示回数によって料金を取るようになる可能性もあります。表示するだけでも広告効果が見込めるので、当然そうなるのではないでしょうか。すると、PPC広告と呼ぶのはふさわしくなくなりますけどね。

一方、アフィリエイターがブログなどに貼り付けるバナー広告(下記)の場合は、商品が売れない限り報酬を支払わないですむので、ほぼ無料に近い広告となるため、ネットでのアフィリエイターの活用は、販売企業にはさらに有利な広告手段だといえるでしょう。

●バナー広告の例(楽天アフィリエイト)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

興味深い記事ですね。
参考にさせていただきました。
更新楽しみにしています。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する