通販商品の危険性

  • 2010/08/21(土) 01:14:59

通販商品が特に危険というわけではありません。しかし、通販商品は、手にとって見ることが出来ないため、どうしても、噂や口コミの情報にたよらざるを得ず、客観的に商品の実態を捉えずに注文してしまうということが起こり易くなります。

最近では、市販もされていますが、通販のヒット商品となった「電子タバコ」からニコチンが検出され、問題となっています。

ニコチンは薬事法で医薬品成分に指定されていて、ニコチン入り電子タバコの販売は認められていませんが、国民生活センターが市販されている25銘柄の電子タバコを調べたところ、11銘柄のカートリッジから微量のニコチンが検出されたということです。

同様に通販ヒット商品である「火山灰を配合した洗顔料」についても、目の表面を傷つけてしまう恐れがあるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

電子タバコ
も、火山灰洗顔料も未だに楽天市場などで普通どおりに販売されており、購入者への危険性の喚起は特に行われていないように感じます。

普段から、新聞やテレビなどのニュースに注意するとともに、国民生活センターのホームページなども時々覗いてみることが必要なのかもしれません。

>>> 国民生活センター