薬事法の健康食品への規制について

  • 2011/08/01(月) 02:03:37

通販と一口に言っても、テレビショッピングの場合と、インターネット通販の場合があります。

健康食品
の場合、効果・効能を表現することは、薬事法で禁じられていますが、テレビショッピングを見れば、一目瞭然ですが、効果があることを実証するかのような、モニターさんが何人も入れ替わり立ち代わり現れては、いかに当該健康食品に効果があるかを証言します。

証言する映像の横に小さな文字で「個人の感想であり、効果を表すものではありません」という断り書きが出るだけです。

この断り書きだけで、OKのようです。

実は、効果を示さないことには、健康食品の宣伝は不可能に近いのです。

一方、インターネットでは、健康食品を勧めるサイトは、かなり厳しく、効果・効能を書くことを規制されています。

「これは薬品ではなく、健康食品です。したがって、効能には個人差があり、即効性もありません。」

と断り書きをしても、効能という言葉を使っているだけでNGなのです。

私は、以前、健康食品のYahoo!リスティング広告を止められたことがあります。電話で何がいけないか尋ねると、「肌」という言葉を使用しているため、効果・効能を予想させるのでNGだ、と言われました。

理解不可能な説明でしたが、しかたがないので、肌という語をすべて削除しました。

テレビよりネットのほうが厳しいのです。

テレビが緩いのは、テレビ業界から政界への圧力なのでしょうか??

何らかの圧力、または大人の配慮があって、テレビだけ緩和されているのだろうと推測されます。

健康食品であるため、・・・、と断れば、効果・効能を説いてもOKにしてもらいたいものです。

読者も、話半分で読んでいるはずですし、ネットの場合は、テレビよりも冷静な判断が可能なのではないでしょうか。

ヒアルロン酸含有量非公開の理由とは

  • 2010/11/26(金) 11:17:32

ヒアルロン酸のサプリメントが多く出ているので、ヒアルロン酸の含有量が知りたくなりました。

最も売れている「皇潤(こうじゅん)」のヒアルロン酸の含有率(含有量)は、エバーライフの公式サイトには明記がされていません。

ネットで調べると、ある人がエバーライフに電話をしたらしいですが、「企業秘密なので答えられない」という回答だったそうです。

有名な商品の1日摂取量当たりを調べてみると、
キューピーのヒアルロン酸 5粒中 200mg
キューサイのヒアルロン酸コラーゲン 粉末5g中15mg

などです。

私が知り合いなどにお薦めしているヒアルロン酸ECM-Eは1日6粒標準ですが、1粒当たりに120mgも含まれています。

ヒアルロン酸の店のECM-E 6粒中 720mg

58%OFF飲むヒアルロン酸1粒120mg ★☆ 高品質・含有日本一最安値に挑戦!! 速達メール便翌日配達...

ダントツの含有量ですね。それにしても皇潤が企業秘密というのは、おかしいですね。思いのほか、少ない量しか含有していないのでしょうか??

お値段は間違いなく、ヒアルロン酸商品の中でもトップクラスですけど。。。

トーチミンからトクホのマークが消えた事情

  • 2010/11/19(金) 21:48:15

自分が糖尿病であるため、高血糖に何らかの効能が期待される健康食品や特定保険食品には、関心があります。

最近関心を持っている商品に、キューサイのトーチミンがあります。初めて1個注文すると、もう1個もらえるというので、購入したいと思っていました。

以前見た時は、「トクホ(特定保険食品)」マークが付いていましたが、最近見ると、外れているので驚きました。


一度認可されたものが、再び認可されないということがあるのでしょうか。

調べていくと、トクホの商品は、認可を得るために、効果・効能の根拠を揃えるために莫大なお金と時間がかかるらしい。したがって、それだけの資金力と商品を売って回収できる営業力のない中小企業は、トクホの認可を申請することは現実的に無理なようです。実際、トクホ取得は大半が大手企業のようです。

想像するに、キューサイは大手に属する企業だとは思いますが、経費節減の観点から禁煙になってトクホを申請しなくなったのではないでしょうか。(認可が取り消しされたという可能性も否定は出来ません。)

未だにトクホの公式データベースには、トクホ商品として記録が残っていますが、販売ページにもおパッケージにもトクホである旨がありませんので、現時点では認可されていないようです。

一口に、「トクホ」といっても、色々な事情が裏にはあるんだなと、勉強になりました。